月別アーカイブ: 2019年5月

セフレの作り方

エロチャット
地味な性格で、周りの友達も派手ではないしこのまま平凡に生きていくかなと思っていました。ところが、私が就職した会社で私の平凡な人生が変わりました。
私の仕事は主に事務の経理。元々パソコンが得意で数学も得意という事もあって会社の人からも頼られています。さらには、同期に入った酒井さんも私を頼ってきます。下手したら彼女の失敗も私がフォローしてあげたりと自分の仕事が増えるときもあります。しかし、その分彼女はランチをご馳走してくれたりしてくれるし、私自身が頼られるのはいい気分なので仕事も楽しく感じていました。
そんな酒井さんから金曜日に2人で飲もうと誘われました。彼女がよく行くお店についていくとそこはお洒落なBAR。そして、店の常連ということもあってたくさんの男性が話しかけてきます。仕事の時とは違い、プライベートの彼女の服装は綺麗で女の私でも魅力を感じます。「セフレの作り方とか聞いたことある。」セフレの作り方初めて聞く言葉。どうやら彼女はここでセフレを作っていると教えてくれました。彼氏もいない私にセフレなんて未知の世界と話すと男を紹介してあげると言われBARにいた1人の男性を紹介。とてもカッコいい。私みたいな地味と付き合いたくないだろうと思ったけれど彼は私の隣に座り一緒に飲みました。私が男慣れしてないこともあって緊張していると彼は私の手に触れ「緊張しないで。」と、またお酒を勧めてきました。普段飲まないお酒をどれくらい飲んだか分からないけれど、目覚めた時はどこかのホテル。しかも裸。隣には彼。こんな大胆の私もいたことに驚きました。その日を栄に地味な性格から少しずつ変わりました。
セフレ探し
セフレ募集掲示板

割り切り

相互オナニー
狐か狸が狢にでも騙されたんじゃないかと俺は思っているんだけど。
割り切りの掲示板で連絡取り合って、それで会った子がいたんだけど・・・なんかヘンだった。
目が泳いでるっていうか、焦点定まってない。あと、服装もちゃんとしているようで、どこか間が抜けている。
例えば、柄のジャケットに赤いショールを巻いているとか。髪型がなぜかおさげだったり。
靴が、高校生が履いているようなローファーだったり・・・。
ちぐはぐ、調子っ外れ、ドンくさそう、周りの雰囲気にも時代にも合ってないような、そんな違和感ね。
あと、どことなくおしっこ臭いみたいな匂い。
背が小さくて、150くらいだったな。うつむいているから、余計に小さく見えて。
普通の状態だったら、俺もそうそう逃げてたかもしれない。
その時、俺、ちょっと酒に酔ってたし、イヤなことがあってくさくさしてたから、テキトーに割り切り掲示板で「今から会える人!」みたいな書き込みしちゃったし。
とにかく、その日なんとか紛らわせて、時間が過ぎるのをやり過ごせばそれでいい、みたいな感じだったからね。
ホテルに入ったことまでは覚えてる。それで、「ヤレるんだろうか?俺・・・」と、バスルームで考え込んでたことは覚えてる。
だが、その先の記憶がない。
今までも割り切りの相手のことをいちいち覚えてないけど、内容くらいは覚えてるじゃん。
だけど、そのヤッた記憶すらないんだよね。
酔ってたとは言え、記憶をなくすまで飲んだ覚えはない。
なのに、目が覚めたら、ベッドで素っ裸で一人で寝てたの。
その割り切りの子は姿を消していた。
セックスフレンド募集
人妻との出会い

セックスフレンド募集

出会い系でセフレの作り方を学んだアラサー童貞の僕にも2人のセフレ
僕たちの出会いは他愛無いものだった。彼女は僕の職場でミスを連発するリストラ候補筆頭であり、僕は孤立癖があるコミュ障でなかなか組織のチームプレイに馴染めない生産性の薄いリストラ候補だった。
人員削減があれば真っ先に僕か彼女のどちらかに声がかかるだろうなと思っていたが、まさかの二人同時だった。やる気がなかった僕はともかく、頑張っていた彼女はちょっと気の毒だった。そして、最終出勤の夜、二人だけのお別れ会をした。傷の舐めあいだったのかもしれない。
「〇〇さんってムチャクチャ仕事できますよね」と彼女は言ってくれた。僕の評価は他者に任せるが業績に結び付いていなかったことは確かだ。「△△さんはひたむきだよね」と僕は返した。僕の仕事ぶりと彼女のひたむきさが合わされば、おそらくリストラなどにはならなかったに違いない。そして、僕たちはお互いに欠けているものを埋めるようにセックスをした。ベッドの中でも彼女は下手ながらもひたむきで、僕は淡白だった。お互いの想像通りのセックスだったかもしれない。
こうして僕たちはセックスフレンドになった。ハローワークで失業認定してもらい、失業手当でホテルに通ってセックスをする。僕は心のどこかでセックスフレンド募集していたのだと思う。ただ、コミュ障の僕には会社の中でそれができるほどの社交性はなかった。同じ立場の女性と心が通じ合って、初めてセックスフレンド募集が達成されたのだから、お互いに傷を負って舐めあえる立場になることがセックスフレンドを作る近道なのだと思う。セックスフレンド募集するならば、どこかに傷を負うべきなのだ。
こうして僕は再就職先を見つけた。無理に人と合わせる必要のない夜勤の仕事だった。そして、彼女も再就職を果たすことができて、僕たちの関係は終わった。時間的に会える機会が減ったこともあるが、それよりも無職と言う空虚さを僕たちはセックスで埋め合っていただけであり、お互いに舐めあう傷がなくなればその時点で僕たちの関係は終わるのは必然だった。
今はマイペースで仕事ができている。彼女もまた、新しい職場で心機一転持ち前のひたむきさで頑張っていることだろう。その支えになっているのは、無職時代の僕たちのセックスフレンド関係だったと思っている。
割り切り掲示板
出会い系でセフレ募集

セックスしたい

セフレを出会い系で募集する
実は、付き合ってる彼から「そろそろセックスしたい」って誘われてる。
だけど、まだ・・・そういう準備ができてないのね。
というのも、前彼のリクエストで、パイパンにしちゃってて・・・まだ生えそろってない(笑)
別に気にしなきゃいいんだろうけど、ほら、「私は男がどうであろうと、パイパン派!」って堂々としてればいい話でしょ?
だけど、私の場合は、前彼に言われて・・・だから・・・ちょっと今彼に申し訳ないかなって気持ちがあって。
セックスしたい気持ち、すごく嬉しいし、私もセックスしたいと思ってる。
だけど、あとちょっと・・・一カ月くらい?待ってもらわないと。
キスしたり、イチャイチャっていうのは、あるんだけど、服を脱ぐというところまでには行ってない。
それで、この間「そろそろセックスしたい」って言われて・・・「まだ、ちょっと無理」みたいに答えたら、すごく悲しそうな顔したんだよね。
「何かトラウマでもある?」って真剣な顔して聞かれた。
トラウマはないけど・・・下の毛がちょっと・・・なんて言えないでしょ?
今までの私だったら、とっくにベッドインしちゃってますよ。ガツガツしちゃってますよ。
それで、今の彼とは今までとは違うペースって感じで新鮮ではあるのね。
今までは、なんとなく、お互いの性欲で先に結びついちゃって、なし崩し的にそういう関係になっちゃってって感じだったけど。
だから、男性からこんな風にハッキリと「セックスしたい」なんて言われたの、初めて。
今回は、ちゃんと手順にのっとってお付き合いできてる気がするのね。
アシュレイマディソン
割り切り

乳首責め

彼女のブラを外すとコーヒー豆のような浅黒い乳首が現れた。柔道の横四方固めのように彼女の股間と首を両腕でがっちり固定した状態で、クリトリスと耳を指で刺激しながら、満を持してむしゃぶるように舌で乳首を責める。そんな僕の乳首責めに、体の水分のほとんどがコーヒーでできている彼女は、上と下のコーヒー豆を膨らませてよがり狂いながら女臭を漂わせた。それはちょっぴり僕の大好きなコーヒーの香りだった。
僕は子供の頃から大のコーヒー党だった。しかも、ブラック無糖。子供なので周りの大人たちは、僕のコーヒーにもミルクと砂糖を入れようとするが、僕にしてみれば「余計なことはしないでくれ」という気持ちだった。あなた方は日本茶にミルクと砂糖を入れますか?と苦いコーヒーを楽しみながら、そんな大人たちに毒づくような子供だった。
そんなコーヒー好きが高じて、社会人になってコーヒー豆を輸入販売する会社に職を得た。その会社で、僕と同じくブラック無糖派の同僚女性と懇意になり、二人でコーヒー店を飲み歩きながら、コーヒー豆の研究に没頭する日々を過ごした。そして、次第に僕たちの仲は深煎りのコーヒーのように濃くなっていき、二人でコーヒーを楽しんだ後は、彼女の上と下の三つのコーヒー豆をも楽しむようになっていった。
乳首責め
それから10年が経過して、ある程度の貯蓄ができた僕たちは、会社を辞めてコーヒーショップをオープンした。彼女とは籍こそ入れていなかったが、内縁の妻のようなものだった。利の薄いコーヒーショップなので儲けについては期待していなかったが、僕はコーヒー好きの彼女とコーヒーに携われる仕事ができることだけでも満足だった。
しかし、世の中はそんなに甘くなかった。コーヒーショップ経営は日に日に赤字がたまっていき、自己破産寸前まで僕たちは追い込まれることとなった。苦いコーヒーを砂糖で甘く飲みやすくする世間に、僕たちの嗜好は伝わらなかったようだ。本来の世間とはコーヒーのようにほろ苦いものだったのである。
「でも、私はブラック無糖しか認めないけどね」と、彼女は体を入れ替えて僕の乳首責めを始めた。乳首舐めには砂糖もミルクもいらない。苦いであろう僕の乳首を喜んで舐めてくれる彼女の頭を抱きながら、僕は、もうちょっと頑張ってみるか、と押し寄せる快感に悶え続けた。
クリ責め
乳首開発